北海道は札幌より夏はアウトドア、冬は薪ストーブ情報をお届け! ※現在改装中でお見苦しいと思いますがご了承願います※
燃え盛るコンパクトグリルの中の薪

B6君はソロキャンの相棒!バーベキューも焚き火もコレひとつ

燃え盛るコンパクトグリルの中の薪

ソロキャンパー必見!おひとり様で気軽に焚き火やバーベキューをしたいという夢を見事に叶える道具が誕生しました!ソロキャンパーの為だけに開発されたB6君をご存知ですか。

その名の通り、畳めばB6サイズになって、軽量・コンパクトが最大の魅力のアイテムです。今回はそんなB6君の楽しみ方を余すことなくご紹介!
バックパック、自転車、バイク旅でも、気軽に焚き火やバーベキューを楽しみませんか?

ソロキャンにおすすめのコンパクトグリル

組立て式でコンパクトな手のひらサイズになるバーベキューグリル、それがB6君です。

B6君はバーベキューだけでなく、その後の焚き火でも大活躍!
小枝や炭などを入れて燃やし、グリルを置けば肉や野菜などを焼くことができ、グリルを外せば焚き火台になります。

アルコールストーブなども使用でき、アレンジは無限大。
どう使うか考えるのも楽しいですし、豊富なオプションもつい欲しくなってしまう魅力の一つです。

一般的な焚き火台は収納サイズも大きく、非常にかさばるため持ち運びが大変でした。また、バーベキューをするには五徳や焼き網も別途購入する必要もあります。B6君はそれらの課題を全て解決してくれる優れものです。


おすすめポイント①何より軽くてコンパクト!

この通り手のひらサイズ

使わない時は薄型B6サイズ、使用時は立派なバーベキューグリルに大変身!
サイズ的におひとり様でのキャンプに最適で、コンパクト・軽量な分、バックパック、自転車、バイクでも楽に持ち運べます。

かくいう私もツーリングキャンプをする時などはB6君をバッグに忍ばせて、現地でお肉や野菜を購入し、炭火で焼肉をよくやります。これがまた旨いのなんの!

おひとり様だから周りにも気を使わず、食べたい量も自分で決められますし、余ったら持って帰ればいい。お酒を飲みながら、自分のペースで食べられる、ひとり焼肉の醍醐味ですね。

焼肉が終われば、グリルを外して、小枝でそのまま焚き火タイム。
この贅沢な時間をソロキャンパーの方々にぜひ、味わっていただきたいです!

おすすめポイント②オプションが豊富、安心のメイドインジャパン!

万が一、使用しているロストル、グリルが壊れたとしても正規販売店で購入すれば安心です。

オプションも充実しており、軽量タイプのメッシュグリルや、焦げ付いてもお手入れ楽ちんなコーティングがされたグリルプレートなど、バリエーションが豊富です。

そしてなんといってもメイドインジャパン!
日本の工場で作られていて仕事も丁寧で丈夫。現在愛用し始めて3年目ですが、まだまだ現役で活躍してくれています。

おすすめポイント③使えば使うほど味が出る

B6君で焚き火、バーベキューをするとステンレスがとてもいい色に変わっていきます。
笑sのロゴが焚き火の明かりに照らし出され、それを見ながら飲むお酒は最高の贅沢です!


注意:薪はたっぷり、組み立ては慣れが必要!

コンパクトグリルを使って焚き火をしている様子

とても万能なグリルですが、デメリットもあります。
コンパクトな形状のため、小枝しか使えず火がすぐに消えてしまい、長く焚き火を楽しみたいときは、たくさんの薪を確保する必要があります。

あとは、組立てに少しコツがいるため、初心者ならば少し時間がかかるかもしれません。
ただ、慣れてしまえば組立てもあっという間です。


●軽量タイプならチタンがおすすめ
笑’sコンパクト焚き火グリル 『B-6君ti』
B-6君のチタン製焚火グリル、わずか263gの軽量級!!

●通常版
笑’s コンパクト焚き火グリル 『B-6君』
収納時18㎜厚の超コンパクト設計、500gのポケットサイズ焚き火台です。

本体とオプションをお探しの方はこちら

楽天で見てみる

Amazonで見てみる


まとめ

  • ソロキャンにはコンパクトグリルがオススメ!
  • バーベキューだけでなく焚き火も楽しめる
  • 使えば使うほど味が出る
  • 小枝しか使えず、火持ちが悪い
  • 組立てには多少の慣れが必要
木の枝に刺さった焼きたてのウィンナー
好きなように楽しもう!だってソロキャンだもの

キャンプブームに乗ってソロキャンパー人口も増えてきました。
コンパクトグリルがあれば、すぐにでも焚き火やバーベキューを楽しむことができます。

使えば使うほど本体の色も変わって愛着も沸いてきますし、笑sの文字を眺めながらぼーっとするだけでも最高です!
値段も手頃なので、グリルをどれにしようか迷っているならぜひ、B6君の世界にどっぷりハマってみて下さい。きっと手放せなくなりますよ。

Sponsor link