ルーフテント下にぶら下げられる者たち

ルーフテントで道の駅泊はやめておけっ!!こうなるぞ!!

ルーフテント下にぶら下げられる者たち

皆様アウトドアライフ楽しんでいるでしょうか。僕はルーフテント(以下RTT)をゲットして楽しんでいます。そんな中、ルーフテントで車上泊に関する様々なご意見が出てきましたね…ホントの所どんな感じなのか直球でいきます。


ルーフテントの横幅を見よ、これは大迷惑。

ぶっちゃけ道の駅での車上泊(RTT使用)は無理っす!!

ええ、最初は僕も出来るとそう考えていました…でも僕には道の駅でRTTを立ち上げる勇気はありませんっ!!だってこの見た目ですよ…

ハイラックスとルーフテント

道の駅で見た目「完全なテント泊」ですからね…ウルトラでライトなパッケージにしてバイクでソロキャンしてた僕でも、道の駅で張られているテント達には違和感を覚えます…。

まぁ百歩譲って「車上泊」がグレーゾーンとして許されたとしても、折り畳み式のRTTでは題名の通り展開すると1.5台分の横幅を使います。

割と車中泊と思しき車を見かける北海道内であっても、結構皆さん気を使われて駐車場内の端の方に固まっていたり、僕も以前の車(フリードスパイク)で経験がありますが車中泊(休憩という名目の)スペースがある場所が指定されていて、綺麗に隣が並び「満車」状態の場所もあります。

そんな中で自分の車両スペース以上に場所を使うRTTは相当な胆力が無いと展開できないしょう。展開することで誰か一台分場所を使ってしまいます。少なくとも僕には無理です…。

他のサイトさんではRTTで道の駅泊…正直見かけますが横開きにしても横方向に1.5台分、縦開きにしてしまうと僕のハイラックスの全長5.3M+RTT1.5M≒6.8Mとその辺のトラックの長さが必要で、通常の駐車スペースには収まりません


Sponsor link

道の駅泊はルーフテント持ちには無理?ならそれ以外の選択肢を持とう。

ルーフテントのマグシェル
参照先:フジカーズジャパン

まぁ無理なものは無理なんですけど…折り畳みが難しいという事ですがフジカーズジャパンさんで取り扱っているような「サザエさん型」であればセーフ…か、どうかはその方次第ですね。

ルーフテント選びには悩みに悩んだ結果は以下の記事にまとめましたが

関連記事

憧れちゃいますルーフテント。ハイラックスでファミリー車中泊は厳しいです‥それがルーフテントさえあれば何とでもなるじゃないですか!さぁ僕と一緒に奥さんを口説き落としましょう!!そもそもなんでルーフテント??まぁ僕の場[…]

というか何故皆さん「道の駅泊に」こだわるのか。

トイレが24時間開放されているから?人気があって安心?宿泊費が無料??買い物も便利?利便性が良い??ふむふむ…なるほど?

そんな所たくさんありますよ北海道にはっ!!!しかも無料で!!!

無料なら文句ないでしょう!!?

道内の無料キャンプ場って結構あって、ちゃんと「炊事場」「トイレ」が完備されている所が本当に多いんです。バイクソロキャンでは良くお世話になってました。

ただ、RTT車上泊は一般的な「キャンプ」とは大きく異なる点があり、以前から良くお世話になっていたキャンプ場にすんなり入れる訳ではありません。それは…

車で入れるキャンプ場

を選ぶ必要がある、という点です。

ルーフテントがキャンプ場にタープと設営されている
通る人通る人に見られて恥ずかしかった…

RTTは車にテントがくっ付いているので、おいそれと場内に運ぶわけにいかず「オートキャンプ」をする必要があります。

上の写真は壮瞥町の無料キャンプ場でオートキャンプが出来る場所です。道の駅を選ぶよりもこういったキャンプサイトで思う存分RTTを楽しんだら、そりゃあもう本当に楽しいですよ(笑)

また、無料に拘らず一般的な有料のオートキャンプ場も利用するのも手です。正直僕はトイレと炊事場さえあれば十分です。むしろ場所さえ確保できればどこでも良いのですが、たどり着いた先が「車でいっぱい」なんて事もハイシーズンでは普通の話です。

そこで有料のオートキャンプ場であれば事前に予約できますし、行った先で入れる場所がない、無料が故にマナーの悪い方がいるかもしれない…といった心配が少なくなります。家族がいる方ならトイレもキレイですし、場内で遊ぶところも多いので十二分に楽しめるはずです。


最終的に規制されちゃったら大問題。

車のルーフにルーフテントを搭載している車で、横開きにテントを展開していれば、必ず駐車スペース1台分以上のスペースが使われてしまいます。これは、本当に迷惑な行為です。ルーフテントを販売する業者も、このテのルーフテントは売らないで欲しい。

#Yahooニュースのコメントより参照元:https://news.yahoo.co.jp/profile/comments/15926082779379.44a7.23261

伊豆伊東の道の駅、マリンタウン伊東は盆暮れ正月は大渋滞しますが、車中泊のキャンピングカーなど大量に居座ってます。ココは車中泊禁止の施設です。本当に迷惑です。行楽シーズンは特に車中泊禁止の取り締まりを厳重にすべきです。車中泊のライターが禁止されているにもかかわらずキャンピングカーの聖地的な酷いデタラメを流布している事も大問題です。コイツら全員違反者です。本当に休憩が必要なドライバーが休めず、その原因がそこで遊ぶだけの無料駐車場が目的の迷惑車中泊なんですから施設側も時間制限やパーキングチケットなどで厳しく対応するべきです。

道の駅からキャンピングカーを追い出せ!!

#Yahooニュースのコメント https://news.yahoo.co.jp/profile/comments/15927145118873.7669.09098

以上原文のまま引用しましたが、なかなかハードなご意見が多い(;・∀・)

なんだが胃が痛くなりそうな話ですが、僕が学生時代バイクにテントを積載して走っていた頃に比べると、明らかにアウトドア人口は増えてますし、道の駅宿泊している方も多いように思えます。

その分目立つ方やマナーが悪い方がいるのは事実でしょうが、そういった守るべきところを無視する方が続けば引用させて頂いたコメントの方々が仰る様に、RTT利用の規制、キャンピングカーの規制、そもそも道の駅に長時間駐車の禁止…という事態を引き起こしかねません。

道の駅利用は正直RTTは無理という僕なりの結論ですが、繰り返しになりますが事前に調べれば無料だったり有料のキャンプサイトは沢山あるので、無理に道の駅宿泊に拘らずキャンプ場を調べてみるのも楽しいですよ!!

ルーフテントの中で寝る子供
子供も安心のキャンプ場

因みに我が家は旅行中に雨が降ったらホテルや旅館に宿泊に切り替わるので、もしかしたら奥様あたりは「雨の日」アウトドア旅行が好きなのかもしれません(笑)

少しでも皆さんの参考になれば幸いです!
それでは良いアウトドアライフを!!

Sponsor link